《基礎知識》10代の頃というのはまだ角質層がメイクに耐えることの出来ない状態なので注意

とある美容対策をしたことで、健康を害してしまったり、最悪のケースでは死亡例もいくつか報告されています。
そのようなケースは至って少ないですが、優良と注目されている美容対策方法を実践するようにしてください。 20代後半でシミや小ジワの悩みが始まってしまう原因としましては乾燥肌にあるのです。
近年におきましては若い高校生の頃からメイクを初めてしまう女性が増えていますが、これは正直良いことではありません。
女性にとりまして非常に大きな悩みの一つのお肌の乾燥というのは、いわゆる老化の始まりとなります。
皮脂の分泌の多い10代でしたらいざ知れず、20代半ばを超えて肌が油っぽいという人はほとんどいないかと思います。

 

10代の頃というのはまだ角質層がメイクに耐えることの出来ない状態なので注意が必要です。
的確なケアをしないで、上から塗りつける様々な化粧品のほとんどが、肌の健康を害しているので23歳程度から化粧を始めるようにしましょう。





フコイダンについて
フコイダンドットコム
URL:http://lmf-assoc.jp/


《基礎知識》10代の頃というのはまだ角質層がメイクに耐えることの出来ない状態なので注意ブログ:17-08-23

今日は久々に筆が進みそうです。


ちょっと前に、
油抜き減量っていうのが
流行ったことがありますが…

女性の体質というのは、男性と比べて脂肪が多いです。
この体脂肪は、皮脂汚れと同じといってもいいもの。

メイクをクレンジングオイルで洗い流すように、
脂肪は油で落とすのが効率的です。

だから、
油を抜くのは、減量にとってよくないことなんですよね。

「油を抜いたら、減量できない」
ということを知らない人は…
野菜サラダには、ノンオイルドレッシング、
炒め物や揚げ物は絶対食べない!と、
油抜きのパサパサ料理ばかり、クチにしてるんじゃないでしょうか?

実際、油抜き減量で、
読者様は、今までに痩せたことがありますか?

わたくしが知っている限りでは、
油抜き減量を実践している人ほど、
「どんな食事をしても物足りないので、
イライラしてある日ドカ食いに走っちゃう」という人が
多いような気がします。

わたくしたちの脳は、
タンパク質を主成分とする骨や筋肉、内臓と違って、
その乾燥重量の約70%が、油でできているんだそうですよ!
なので、脳は油の影響を受けやすいんですよね!

一時話題となった「キレやすい子供」は、
インスタント食品やファーストフードに使われている質の悪い油によって、
脳の働きに何らかの支障が生じた結果だ、と言っている専門家もいます。

油抜き減量でストレスがたまるのも、
脳がまさにパサパサの状態になって、
正常なコントロールができなくなっているのかもしれませんね。

良い油をとって、良い脳をつくりましょう。
そして、ストレスをなくすことが
減量成功への近道だと思うんですが…

明日はいい日だ。がんばろ〜^^